2014年2月18日火曜日

隊員ユニフォーム公開!!

白川村地域おこし協力隊の初仕事が、隊員ユニフォーム制作でした。

もちろん、村民の皆さんに協力隊の顔を覚えてもらうと同時に、
一目見て、協力隊と分かってもらうのが目的と位置付けて取りかかった制作作業。
役場内あるいは村内で着用できるよう、
①ブルゾン(冬用)
②つなぎ(作業着)
③ポロシャツ(夏用)
の3点に決定。


続いて、どのブランドのどのアイテムを起用するか、またデザインをどうするかについては、
隊員3人で会話し、これもすんなりと決定。
(※実はもう一人は4月に隊員が増える予定です。FBで情報交換しつつ)

ちなみにデザインは当初、地域おこし協力隊専用ユニフォームとして協力隊のロゴやネームを
入れる事を考えていましたが、隊員だけの自己満足にせず地域おこしを一緒になって考えてくれたり、カッコいいと思ってくれる村民にも着用してもらえるよう、今後の広がりを考えたデザインに留めるよう配慮しました。結果、シンプルに『ひだ白川郷』のバックプリントに左袖の刺繍ネーム入りで全てのアイテムのデザインを統一。

 
①ブルゾン(表):寅壱 ドカジャン
 
ブルゾン(裏)
 
ブルゾンはパフィーが着てて、可愛かったですよの高橋隊員の一言でドカジャンに決定(笑)
 



②つなぎ(表):Blucoカバーオール
 
つなぎ(裏)(NAVY、GREY 一人2着)
 
 
つなぎは生地が厚めで着れば着る程味が出てくるディッキーズ(Dickies)を予定していた所、
第3の隊員の推薦で突如候補に挙がったBlucoを試着した結果、現隊員2名心を奪われ、即決。



③ポロシャツ(表):良くあるプリント用ブランド
 
ポロシャツ(裏)(一人好きなカラー3着。夏の消耗品のため)
 

最後にポロシャツですが、ブルゾン、つなぎが土臭さ満点なため、上品さを醸し出そうということで些細なこだわりですが、ボタンダウンタイプにしました。パーティ時、ネクタイ着用OKです(笑)


役場内でも反響があり、早速、追加発注の取り纏めをしている最中です。
したがって、隊員ユニフォームではなく、村民ユニフォームとして定着すれば、嬉しい限りですね♪


最後の締めは刺繍ネームをあえてカタカナで『ジュンタカハシ』といれたお茶目な高橋隊員(笑)





0 件のコメント:

コメントを投稿