2014年2月24日月曜日

農サポ2日目「朝から薪割り、そしてメインイベントへ」

農サポ2日目は朝7時からの薪割り+朝森カフェ(任意参加)という訳で、
高橋隊員が参加してきました。
(※宴担当の柴原隊員は2時まで飲んでおり、ベットから出れず・・・)


自称『山の男』高橋隊員は慣れた手つきで割っていきます
 
自分達で割った薪を囲んで、朝森カフェ!!
 
作業終了後の様子。絵になります
 
 
朝のぴんと張りつめた空気の中、皆で囲むロケットストープとコーヒーの温かさに感動!!
(高橋隊員談)
 
 
その後、メインイベントである「半農半X」提唱者の塩見直紀氏の基調講演・全体討論が
行われました。提唱されているのは15年も前からだそうです。
 
今や国内だけでなく、香港や台湾、中国でも講演されてるそうです
 
 
塩見さんの講演は話の組み立てや発想がユニークで聴き入ってしまいました
 
塩見さん、Xに見えるものをついつい探してしまうとのこと。
我々、隊員のつなぎの胸デザインを見て・・・
 
 
 
今回学んだ事は農というのは、広義的な意味であって農業だけでなく自然と関わる姿勢さえあれば、田舎暮らしに限る必要はなく、都会生活でも実践できるとのこと。ポイントはいかに己の人生に天職Xを見つけて、各個人が自分に見合った半農半Xという生き方を実践できるかどうかということ。
 
但し、田舎暮らしを行う人達にとっては一つの仕事だけで生活していくのは大変です。だからこそ、
仕事を組み合わせる事が必然性を伴い、結果として天職に辿り着きやすく、そのためにXにチャレンジするハードルが低い環境にあるのだと話を聞いてそのように思う訳であります。
 
ゲストハウスやカフェ、アトリエ等にチャレンジしたい若者は是非白川村へ移住してきて欲しいなと思います。
あなたのXを応援できる環境を作る事が我々隊員のXであり、我々自身も様々な事にチャレンジして自分達の人生を豊かなモノにしていきたいですね。
 
 
本当に実のある研修でした。事務局や関係者の皆様、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

 

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿