2014年2月24日月曜日

農サポ2013への参加1日目

タイトルは略称ですが、正式名は農山村サポーター交流会2013ぎふに
2月20、21日の1泊2日のプログラムに隊員2名で参加してきました。

同じ岐阜県内の協力隊や集落支援員および岐阜県立森林文化アカデミーの方々など、
様々な人々との出会いを通したドラマがありました。

1日目は現地視察を兼ねた遠足や小旅行を意味するエクスカーション。岐阜県山県市を
舞台に行われました。
柴原隊員は☆地域資源活用と農家レストランの視察☆に、一方、高橋隊員は
☆暮らしの伝統文化と地域の子育て支援☆及び☆若者と地域の場づくりと薪ビジネス☆に
シェアできるよう二人が分かれて参加してきました。


ここでは柴原隊員が参加した☆地域資源活用と農家レストランの視察☆の見所について
ご紹介します。
場所は山県市北山地区にある「舟伏の里へおんせぇよぉ~」は平均年齢70歳代の
おかあさん達と協力隊及び集落支援員らの若者で運営する農家レストランです。
廃校になったランチルームを活用し、地元で採れた野菜や山菜を使った
地元の料理を提供されてました。

廃校の全体像

デザインされた旗と暖簾が入口を演出。ステキ♪
 
 廃校の黒板やテーブルを利用した看板と各種チラシ置き場


手前が座敷、奥がテーブルになって右手側にキッチンがあります
 
座敷の全容
 
 
農家レストランのおかあさん達と一緒に活動する協力隊員等と参加者達がテーブルを囲み、
お互いの苦労や事例報告あるいは改善提案等、終始なごやかな雰囲気で交流を深めました。
 
 
 様々な意見が飛び交ってます!!

トチ餅をお茶とともに頂きました。おいしかった~

 
 
一見、順調そうに見えても、後継問題やレストラン運営に関する問題など、ここの地域でも
白川村で抱えるような類似した課題がありました。
他の地域の課題を共有し、自分達ならどのように対処・対策をするかを考え、
結果、村の地域貢献に繋がる事を改めて学べた一日でした。
 
 
■参考情報■ 
岐阜県山県市北山地区「舟伏の里へおんせぇよぉ~」

0 件のコメント:

コメントを投稿