2014年3月31日月曜日

年度末、そして白川村にやってきて3か月


凸凹コンビの凹の方、高橋です。年度末、そして白川村に来て3か月が過ぎようとしています。


FacebookやらTwitterでは年度末感ただよう投稿がバシバシとアップされ、皆様おつかれさまでしたといった印象です。

そんな3/31ではありますが、私としてはまったく年度末感もなくあいかわらずのほほんとしていたりしています。例年だったら、年度末の〆という事で案件のクロージングにバタバタ追われながらも会議室ではじまった納会に顔出ししている頃でしょうか。

白川村にやってきて3か月、地域おこし協力隊として活動をはじめて3か月。この3か月は私にとってどのようなものだったのでしょうか。少し個人的な内容になったりしますが、ツラツラと綴りたいと思います。


この3か月、正直な話、決してバリバリと活動できていたわけではありません。あっちによばれてはじめまして。こっちによばれてこんにちは。「なにそれおもしろそー」って顔出しては、新しいプロジェクトに名を連ね。結局、主体的に動き出せた活動なんてほとんどありません。圧倒的にアウトプットが足りていない。

「私の活動ははじまったばかり、これからこれから。」なんて思っていたら、あっという間に3か月が過ぎてしまいました。地域おこし協力隊の任期は3年。こんなことではあっという間に3年が過ぎてしまうかもしれません。

ただね、最近おもうこととしては何を持っての地域おこしとするか。たぶんその答えは地域ごとだったり、人それぞれで違うのですが、なんとなく自分の中での答えのようなものが固まってきました。

私の場合、そして白川村の場合は、


  • 暮らしを楽しむ仕組みを作る。
  • 地域のファンを増やす。


っであると私は思います。

人口の減少が進む日本です。どの自治体も移住者の獲得を目指しています。そんな時、移住希望者はどうやって移住先を決めるのでしょうか。それは地域に魅力があることではないでしょうか。地域の魅力って一番は「住民が誇りを持ち、その地域での暮らしを楽しんでいる」ことではないでしょうか。

楽しいことは伝染すると私は自負しています。みんなが笑顔で楽しんでいれば、きっとその輪は広がる。そして、地域のファンはどんどん増える。そしたら、きっとこの村で暮らしてもいいなって思ってくれる人が増えるかもしれない。

地域おこし協力隊、まず私は「暮らしを楽しむ仕組みを作る」ことからはじめたいと思います。っとその前に、まずは自分が楽しむことが大切だよね。これは何事においても前提にしなければなりません。

おかげさまで、この3か月間はかなり楽しく過ごすことができました。私を迎え入れてくれた白川村の皆さんに感謝感謝です。

少し先の未来を想像して不安になったりもしますが、大丈夫。私の人生はかなりおもしろい。
今までだったら想像できなかったこと、体験できなかったこと、めっちゃできてる!

さぁ、明日からは4月がはじまります。恐れることはなにもない。
長い冬も終わりをつげようとしています。よっしゃ、いっちょやってみっか!

アウトプット!アウトプット!行動あるのみ!

そんな決意をここに書き留めておきます。


この3か月で一番の『どや顔』



これからも白川村を、協力隊を、そして高橋淳をどうぞよろしくお願いします。


0 件のコメント:

コメントを投稿