2014年4月21日月曜日

旅館リノベート開始&いきなり初来客!


白川村でも、ようやく桜が咲き始めてきました。
かたくりの花、つくし、etc 様々な花や草が日に日に元気になっています。

さて、今日は先週の木曜に旅館活用プロジェクトの第1歩、
使わなくなった壁を壊す”かんつう式”と、
プロジェクトのキックオフと、建物のこれからを語る”村民バー”の様子です。

まずは”かんつう式”ということで
旅館の旧館と新館との間をふさいでいた壁を、村民や隊員で
ハンマーを持って打ちこわし!





旧館の二階に初めて足を踏み入れたそこには。。。
いつからか時間が止まりほこりまみれになった和室と、
レトロなブラウン管テレビや、ファブリックのシブいソファーが!

こうした廃材も、うまくリノベートできるといいね、と一同で
話しながら、式次第は終了。

村の方も更に集まってきたので、そのまま屋外で”村民バー”を開催。
鍋奉行で優勝した時や、今回リノベートなどで多くのお酒をいただきました。
皆様に感謝をして、乾杯スタート。  



 飛騨名物”鶏ちゃん”や村のおかあさんが作ってくれた絶品の
山菜料理や炊き込みご飯など、白川村の”まいもん(うまいもの)”が
並び、旅館の思い出や、これからの活用法などを語り始めたら、
2台のオートバイが近くに。。

実は、この2台”かんつう式”をしている最中に旅館の前を通っていたのと、
大きな荷物を積んでいたので、旅行中とは思っていたのですが、
聞いたらなんと、オーストラリアから日本に来て、3日目、
夜テント泊のつもりが、テントサイトが空いてないので困っていた、とのこと。
確かに対岸には”平瀬キャンプ場”がありますが、まだシーズン前でクローズ中。。

暗くなってきていたし、せっかく村民バーで食べ物もある。
旅館の部屋も今日のために片づけて、泊まる場所もなんとかある、
ということで、満場一致で、
ゲストハウスの”初めてのお客様”としてお迎えすることに!
オーストラリアから来た二人のカップルも、僕らの申し出を快諾してもらい、
そのまま”村民バー”にjoin!



話をするとこのお二人、これから1年かけて、日本→ロシア→モンゴルと
オートバイで旅をするそうです。
まさにwonderful journeyの1ページに出会えたことに、僕らも二人も大興奮!
白川村のこと、オーナーのバイクの話、地域おこしの重要性について、
つたない言葉とお酒を酌み交わしたり、
途中で高橋隊員のサプライズバースデーがあったり。。。
僕らの旅館活用プロジェクトは、満員御礼で初日を終えたのでした。


ファーストゲストの二人は、旅館や平瀬温泉や、村のみんなの雰囲気をとても気に入ったようで、
もう1日延泊することに!
温泉街の中を散策して、雨上がりで幻想的な山の稜線や庄川を散歩したあと、
オーナーと一緒に金沢へツーリングへ、夜は冷えた体を”しらみずの湯”で温めていました。

ゲストハウスをベースに、高山や金沢を観光して、
帰ってきて温泉でゆっくり。
平瀬温泉はこうした自由度の高い旅にピッタリかもしれない、と地理的・建物の
ポテンシャルを改めて感じました。

二人とも、今はまだ汚いけど旅館の雰囲気と平瀬温泉の雰囲気を
とても気に入ってくれて、日本に来る友達教えたいから、
オープンしたり、HPをつくったら是非教えて欲しい!とのこと。

有名な観光地や、きれいな景色も大切な思い出ですが、
旅の醍醐味は、予期せぬ出会いや、地元の人たちとの過ごした時間、
気持ちが通じた感覚もまた、忘れられない思い出になると思います。

リノベートはまだまだ始まったばかりですが、
こうした出会いが生まれる場所ができることで、
飛騨地方や白川村を好きになってくれる人が増えて、
自然と集まる場所になればいいな、と隊員3人、決意を新たにしました。


0 件のコメント:

コメントを投稿