2014年7月25日金曜日

親子白山登山をお手伝い

朝役場への出勤時の温度計の表示は21℃。
過ごしやすい朝です。
全国的に酷暑な天気予報になっていますね。
確かに、ここ1、2週間で行った東京も名古屋も、
蒸し風呂状態で、すっかり山村生活に慣れた身には
ちょっと大変でした。
皆さん水分補給はこまめにどうぞ!

今回は、そんな暑さを忘れるお山の仕事。
3連休の後半に、白山白川郷ロングトレイルクラブ主催の
”白川郷学園親子で白山に登ろう”の
アテンドのお手伝いをしてきました。

参加者は、小学校低学年から、大人まで、40人弱。
白山平瀬道を朝出発し、子どもに合わせたゆっくりペースで
白山室堂まで登り、宿泊。
翌日はご来光を見て帰ってくる、という行程でした。
いくつかに分かれたグループで、僕らは
ガイドをしたり、歩き方を教えたり、カメラ班として写真を撮ったり。
小学生たちは、終始おしゃべりしながら山を登るというタフさを
発揮して、賑やかな登山でした。

天気も良くて登山日和
ここにも新しい熊が!?

雪渓にはザイルを渡して安心登山



前日の一雨降った後の夕焼けは最高でした!

             
             夕焼けを浴びながら校歌斉唱

翌日のご来光は、ガスに包まれて、一瞬空が明るくなったのを
見れたぐらいでしたが。。。
暗いうちから頂上をみんなで目指して登り切った達成感に包まれました。







子どもたちには、
白山や高山植物など、身近なのに縁遠かった白山に興味を
持ってもらえた様子で、僕たちも企画・参加ができて大変に有意義でした。

自分の実感値としても、こうした地域資源や自然資源の素晴らしさは、
子どもの時にはなかなか気づけませんが、大人になってから、
必ずその良さがわかる時が来るものだと思います。

過疎に悩む地域として、こうした意識を子どもにも大人にも持ってもらうことが
地域に誇りを持って生きる、帰ってくるために大切な要素ではないでしょうか。





白山は、すごく登りやすく、美しい山でした。
次回登る機会がある時には
是非ご来光(白山ではお日の出というようです)を見たいと思います。
参加された皆さん、お疲れ様でした!




0 件のコメント:

コメントを投稿