2014年11月17日月曜日

「TURNS CAFEしずおか」にお邪魔してきました!

今月は色々と移動が多い月です。
最近は、役場内の出張やイベント実施の報告もこのブログで済ませていますw

ということでちょっと遅くなったけど、先日東京行われた
TURNS CAFE in しずおか に参加した様子を。

TURNS はUターンや地域で暮らすことなどにフォーカスした雑誌です。
地域に軸足を移した今でも、他地域情報などを得るために読んでいます。


静岡の食材を使ったケータリング。美味しかった!

今回イベントに参加したきっかけは、クラウドワーキングがひとつテーマになっていたり
(働き口が少ない白川村では、こうした働き方の拡大も人口増には大事な
要素だと思うで)、実際のワーカーおよび企業側のリアルな声を聞けること、
他府県の移住イベントに実際に参加して、移住者の声が聞けること、
何より別の出張の移動で東京を通るので、
ちょうど顔を出せるスケジュールだったことなど、
色々重なったタイミングが重なっての参加となりました。

参加者も、実際に移住を検討されている方が多くて、
大変熱気のこもった場でした。
逆に現役の協力隊として、色々相談を受けたりw
実際に、静岡県の移住担当の方のお話や、市町村単位での取り組みなど、
細かい説明や、かゆいところに手の届く移住体験会など
かなりナレッジがたまっていることが感じられました。

その他、それぞれ印象に残ったことですが

○移住者の生の声
仕事や価値観、国籍など多様な方のリアルな話が聞けて面白かった!
1年間のお試し移住からスタートしたご夫婦のお話は、
よかったことも悪かったこともリアリティがあってよかったです。

○クラウドワーキング
→「事業構想」にもあったけど受注の7割は東京以外でされている、
というのにはちょっとびっくり。
個人的にも挑戦しようと思っていましたが、業務に追われて出来ていなかったので
年内にはトライしてみたいと思います!

移住者と相談タイム


○地域で受け入れ体制ができているところがやっぱり強い
→これを言ったら、それまでなんですが。。
短期滞在できるような施設を自治体で整備したり、
外部の人の受け入れを目的とした組織を立ち上げているところは、
空き家バンクのメリットデメリットなど、リアリティがありました。

あとは、移住を具体的に考えている人には、
相談仲間ができて、参加する意義があるイベントと思いました。
伊豆の体験ツアーは、何人もその場で参加を申し込んでいたし。
実際にされた方の話が聞ける、同じことを考えている仲間ができる
というのは心強いですね。

白川村単独ではやれない規模なので、岐阜県や飛騨地方など、
地域トータルでブランディングしていく必要があると思いました。
”TURNS CAFE ぎふ”を提案しなくっちゃ。
TURNSの皆様、静岡県の皆様、ありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿