2014年12月19日金曜日

陸の孤島の名はだてじゃない

おはようございます。柴原です。

久しぶりの青空が広がっている本日の白川村です。


ですが、前々日からニュースを騒がしている爆弾低気圧のため、
白川村は孤立状態です。

郵便、配達はもちろん新聞もこの二日間届いてません。

岐阜側(名古屋方面)に抜ける高速及び国道も通行止め。


実は、私事ですが水曜日に休みをもらって高山へ買い物に
行ってました。もちろん、大寒波が来ているのは知ってましたが、
昨年の冬を過ごして、高速は大丈夫だと安心しきっていました。

案の定、高山から白川村に帰れなくなりました。。。
そう、まさかの高山1泊。

翌日も待てど暮らせど、通行止めなので諦めて、
高山から国道41号を北上し、飛騨古川、神岡を通過し、富山まで。

富山インターから白川郷インターまで高速で利用し、
帰ってきました。。。なので、富山方面は問題無く開通しています。

通常、1時間弱で行ける高山から、4時間弱かけて帰ってきたという・・・
3倍弱の料金を払って帰ってくるという・・・

ちなみに高山、古川、神岡、富山、白川全て大雪でした。
この寒波は異常だったのかもしれません。
それでも、白川が一番多かった気がします。

しかし、村内にいると生活には困りません。高山市や郡上市、下呂市の一部では
停電だったようですが、白川は停電は無かったようで、村民に話を聞くと
「いつもよりちょっと降ったな」程度w


高速が開通するまで陸の孤島と呼ばれた白川村において、
合掌造りという昔ながらの原風景が残ったのは
豪雪地帯ならではなんだと様々な地域(市街地)を経由し
帰ってきたおかげ、実感したような気がします。

なるべくして、今の村の形になったんだなぁと思う訳です。

いつも以上に合掌にも積もってます。綺麗な青空ですね。

南部エリア平瀬の道の駅前です。両サイド雪の壁です♪除雪技術の高さに割と感動ありますよw

なお、本日夕刻にようやく高山との繋がる国道(下道)と高速が開通しました。
明日からもまた雪の予報です。
白川村へお越しの際はくれぐれもお気をつけて下さい。



 
 

 



0 件のコメント:

コメントを投稿