2015年1月23日金曜日

JOIN移住・交流フェア in 東京ビックサイト の振り返り

先週末に日本全国津々浦々の地方自治体が東京ビックサイトに
一堂に会して開催された大規模イベント。
移住・交流ブースと協力隊募集のブースがあり大賑わいでした。
白川村としては、このようなイベントの出展自体が...
初めてだったので思うことが沢山ありました。

村としての移住・定住施策をどうしていくかは、
この振り返りを纏めた資料を元に関係者と議論していくことに
なろうかと思いますが、個人的には
ある程度方向性が見えたような気がします。

ポイントだけ絞ってみると・・・
まず、イベント自体は
 ・とにかく豪華でした(場所代・吉本芸人のトークライブ・
  関係スタッフの数・出展数)
 ・集客力もあり(6000人ぐらいが来訪されたとのこと)
 ・宣伝が不要(自治体独自に宣伝しなくとも、人が来てくれるという意味で)


始まりの挨拶は地方創生担当の小泉進次郎政務官。皆、見てましたw
 

吉本芸人が次々とトークで会場を盛り上げてました



 一方で・・・
 ・説明会形式のためブース毎の回転率が決して良いとは言えない。
  (※人気のある所のブースで1日20~30人程度が限度か)
 ・大きい市町村(職員あるいは中間支援組織等のマンパワーがある)、あるいは移住実績があり有名な自治体に人が流れやすい
 ・来訪者数の母数は多いもの、移住前段の情報集め(各自治体の冊子等を一通り持って帰る) 
  の利用割合が高そうで移住を検討し始めた段階の来訪者が多い

これらをまとめると、要は来訪者(移住希望者・協力隊検討者)目線では多くの情報を一回で持って帰れる有意義なイベントのような気がしました。

少なくとも、各自治体ベースではスタッフの確保あるいは、冊子作成、ポスター準備などの諸々のコストと時間を考えた際に費用対効果がある自治体がいくつあったのだろうかということです。

白川村はスタッフ2名ですが、おそらく来訪頂いた方の人数を
鑑みると残念な結果と言わざるを得ません。まぁ、白川村の
説明会運営自体に関する課題は沢山あったので我が身の事でもあり、なんとも言えませんが(笑)



白川村移住・交流ブースの様子。
自虐的ですが他自治体と比較すると、残念な感じ。初めからこうなることは分かってましたが(笑)



いずれにしろ、仮に移住定住で先行している自治体のやり方に
右に倣えでは白川村の移住者が増えない事は明白でした。
白川村より気候的に住みよく、移住施策が進んでいる自治体は
多くあります。
今から、移住・定住の冊子やPOPを準備し、説明会のための
準備をするのではこの差はますます広がっていくばかりです。

出遅れた分、もっと違った視点でこれから取り組まざるを
得ないでしょう。。。

とはいえ、他地域のいくつかの協力隊員から、白川村での
空き家対策の進め方や行政との連携の仕方を相談受けたので、
ありのままの全てをお話しさせて頂いたり、
県職員と来年度の対策について意見交換したりと、
本来目的以外でも実のある経験が積めたので
ひとまず収穫ありということで♪



最後は会場からの夕焼けです。


 
白川村は山に囲まれて、夕焼け見えないのでちょっとした感動が!!

0 件のコメント:

コメントを投稿