2015年3月26日木曜日

合掌造家屋から始まる新しい場づくり

例年以上に雪が多かった今年の冬。
2月の終わりから暖かくなって一気に春になるかな、と思いきや、
昨日まで断続的に雪が降り、まだまだ雪が多い白川村です。
期末の慌ただしさに加えて、4月からの新年度の企画の仕込みや
新隊員のジョインの準備など、会社員時代以上の目まぐるしい日々が続いています。

そんなさなかですが、昨年後半から準備していた合掌造り家屋活用の
プロジェクトがいよいよ本格的に動き出します!
空き家もそうだけど、文化財もただ残しておくだけではもったいない。
ハコモノ、冷凍保存のただ見るだけの観光の体質から変わるきっかけ、
村民や協力隊、観光客など、様々な風と、土地の文化が混ざり合い
新しい”風土”が生まれて、住む人も訪れる人も輝くための場づくりをめざしたいと思います。

詳細はまた追って、なんですが、まずは年末の雪おろしの様子!
高いところが苦手なんで、完全にへっぴり腰です。




0 件のコメント:

コメントを投稿