2015年6月30日火曜日

【セルフリノベーションワークショップ Day5,6-解体2&外壁づくり-】

こんにちは。
空き家活用担当兼シェアハウス女将(見込み)の福田です。

~住みたい人が考える、シェアハウスの形~

ということで、今年3月から連続開催しているセルフリノベーションワークショップ。

2015/6/28[SUN]・2015/6/29[MON]

村外から3名の参加者。
うち1名は以前の解体WSにも参加してくださったリピーターの方でした。
私も大好きな白川村に、こうして何度も足を運んでいただけるのは嬉しいですね。
もう2名はご夫婦での参加。
付き添いでいらっしゃった旦那様でしたが、すっかりDIYにハマられた様子。

今回の参加者

村の大工さんやご近所さんとも力を合わせて、いよいよ着工です。

と言ったものの、まだまだ解体のやり残しがあり、
まずは日ごろのストレスと一緒にドンドン壁を天井をたたくたたく。
皆さんコツをつかんで、みるみる柱や梁が姿を現します。
建物って躯体部分はほんの一部なんですね。
私自身も余分なお肉を解体したいものです(汗)

壁と天井を解体!

大工さんを中心に、柱の補修や梁の補強作業も実施。
私を含め、大工さんの仕事にくぎづけ。
そう。作業の手が止まっても、ここでは誰にも怒られません。
むしろどんどんプロの仕事を見て、リノベーションに興味をもってもらいたい。
そんな思いを持ちつつ、ワークショップを開催しています。

柱を補修!!

梁を補強!!!

さて、梁が1本増えただけでも”住む”イメージがしやすくなるもので、
ここに家具がきて本が並んで・・・と考えると、住人の笑い声まで聞こえてくるようです。

仲間との暮らし。
幸せな風景。

川沿いを吹く風の中で、シェアハウスでの生活を夢見る女将です。

そして、やっと「つくる」工程に突入。
壊すのも楽しいですが、何か残したい。と思うのが人間の性ですよね。
ご近所さんから譲っていただいた廃材を使って、まずは雨戸の戸袋にお洋服を着せます。
エイジング加工されたような風合いで、一気にオシャレ度アップ!
サッシまわりもキレイになって、次なる工程が待ちきれずウズウズ。
丸ノコを使って、インパクトドライバーを使って、なんだか自分がかっこよく見えます(笑)

建築のプロが”優しく”指導♡

廃材をはりはり

2日間の作業は思いのほか体力勝負。
ですが、途中の差し入れや懇親会が、次の作業への活力となりました。
村の人が「何やってるの?」と声をかけてくださるのも嬉しいものです。

疲れた体にチョコレート
ステキな倉庫で懇親会

村内外の人が集まりつながる場所へ。

このプロジェクトは、このようにワークショップを取り入れながら進んでいきますので、
今後もたくさんの方のご参加をお待ちしています。


今回のワークショップの様子はこちら▼



(ある部分が間違っているのはご愛嬌♪ということでお許しください。。)


★今後のワークショップのお知らせ★

2015/7/26[SUN]・7/27[MON]
2015/8/3[MON]・8/4[TUE]・8/5[WED]・8/22[SAT]・8/23[SUN]
いずれもAM10:00~PM16:00を予定しています。

ワークショップの詳細やお申込みにつきましては、後日改めてご案内させていただきます。
ワークショップ開催日以外も作業を行っていますので、
興味があるはあるけれどご都合がつかない方は、個別にご相談いただけたらと思います。

さあ、夏はすぐそこ!
ラムネ色の川が流れる白川村へダイブしませんか?
スタッフ一同、お待ちしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿