2015年8月20日木曜日

世界遺産地区で合掌造りを借り暮らしている様子が取材されました

8月も気がつけばすっかりお盆が終わり、村は一足早く秋の気配。。
おかしいなー先々週くらいまでは川でドボンして遊んでたのになー。
飛騨の夏はほんと短いです。

 すっかりご無沙汰していましたが、
シネマキャラバンイン白川郷が終わったのがちょうど一ヶ月前。
それまでも怒涛の日々でしたが、休む間もなく、
その後もいろんなイベント実施が続き、合間に四国や北陸や新潟、逗子と
走り回り、提出する報告書や何やらもすっかり遅れています汗

今後おいおいアップするとして。。
少し前にwebメディアさんに紹介された記事のご報告。

僕が今年から世界遺産地区内の合掌造り家屋を”借り暮らしている”ことを
きっかけに、仕事の内容や、生き方や働き方のスタンスを

 「賃貸」でおなじみのUR賃貸さんが立ち上げた

「さまざまな分野で巻き起こる賃貸、シェアにまつわる新しい動き、
日本社会に脈々と息づく「借り暮らし」文化をあの手この手で記事にしている」

"OURS"というサイトに取材いただきました。

文化財での”借り暮らし”まさにサイトの方向性とぴったりだったようで、
取材も盛り上がり、なんと全3回の記事。
こんなにどこかメディアさんに取り上げられるのは、きっと最初で最後でしょう。。

協力隊に参加したきっかけやモチベーション、今後の展望まで
結構色々と踏み込んだことも書いています。
お時間あるときにみなさんぜひ読んでください。
 取材記事として置いておくのは、今では珍しくなった一期生の3人でのトークの回
取材日に7人全員がいなかっただけなんですが、カメラの前に3人でいるのが
なんだか懐かしいけどほっとする気分で、受けている僕たちも楽しかったです。
その回のリンクはこちらに。

 編集のMさんとカメラマンのKくんもいいコンビで、
取材も受けている自分も、足元を見直すいい機会となりました。
お越しいただきありがとうございました!
写真は、記事の中にもあるアオイロカフェでの一枚。
村のお父さんお母さんたちと和やかな瞬間でした。


そして、このOURS、webと連動して何やら新しい企画もあるとかないとか!
編集はフリーペーパー「のんびり」なども企画しているRe:Sさんなので
今後の展開が楽しみです!

0 件のコメント:

コメントを投稿