2016年1月18日月曜日

冬の気配とプレスのお仕事(と書こうとしたのは11月の頃。。)

もう1月で今週は大寒波がやってくる、というこのタイミングで
なんとも間抜けなタイトルなんですが、
昨年に書こうと思って途中書きのままの年を越しておりました(汗

雪が多かった2014ー2015年シーズン、
雪深い白川村周辺を舞台に、日本だけでなく、世界中から
滑り手が訪れ、 多くのバックカントリーの撮影が行われました。
日本トップクラスのスキーヤー、スノーボーダーの方に
2015年1月下旬〜2月の滑走の様子が、
スノーシーズンの始まりを告げる写真雑誌
"Fall Line"に掲載されました。
2号に分かれてスノーボーディングから、スキーヤーからと
違った目線で切り取られています。




更に、夷フィルムスさんの最新作
”EBIS films icon8/ Persona 2”に映像が収められています。

馴染みのない方に説明をしておくと、
>「icon」では滑走映像と音楽をシンクロさせた構成でスキー、スノーボード、テレマークスキーの魅力を表現し、「Persona」ではスキー、スノーボードに長い時間携わり続ける、いわゆる「スキもの」を描いています。

今回は、2つのシリーズを合わせて1つの作品になったもの。
前回 persona のトレイラー映像はこちら。
美しい自然の様子と、流れるような滑り、音楽が相まって
スノースポーツの魅力が存分に伝わるシリーズです。


今回、撮影に関して村内でのコーディネートのお手伝いをさせていただきました。
 村に広がるフィールドは、村の方々は昔から暮らしのすぐ隣にあったもの。
冬の厳しい環境においては、時には憎らしい存在でもあるかもしれません。
一方、ローカルたちもっと前から開拓し続け、楽しみ続けてきた場所でもあります。
場の魅力も危険も知り尽くしていない、新参者の自分以外にも、
村出身の滑り手でもある蟻原さん、下山くんがいたので、
住民としてできる限りのお手伝いができたと思います。ありがとうございました。

どちらも滑り出した頃から触れ続けていた、憧れのような存在な上に、
本当に何のお役にも立てていないのに、
クレジットにも名前を載せていただきました。
いやー感無量、もう家宝物です。大事にします。

大雪が落ち着き、雨が降るなど
コンディションがよくないタイミングだったのですが、
山の表情も、村の普段見慣れた様子も、美しい瞬間が多く切り取られていました。
皆様、是非お手にとってご覧ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿