2016年4月8日金曜日

引越しの春

こんにちは。白川村移住コンシェルジュの石井です。

協力隊に着任しあっという間に一年が過ぎました。季節は巡って村での2回目の春です。

今日は私の住まいについてです。

この一年間、白川村南部の平瀬に住んでいました。住んでた場所は地元建設会社さんの寮。この寮には建設会社の社員さんの他、先日村を飛び立った高橋隊員も住んでおり共同生活を送っていました。いわゆるシェアハウスですね。

この寮の魅力は何といっても温泉に入れること。24時間かけ流しで平瀬温泉に入れるというなんとも贅沢な生活をさせていただきました。また、個人的にはビールの自販機が設置されていることも嬉しかったです。

そして3月をもって、高橋・石井はそろって退寮。高橋隊員は群馬県富岡市へ。私は白川村北部、小白川(こじらかわ)地区へと引っ越しました。大変お世話になりました!

高橋隊員引越しの日@寮の前


富山県との境に位置する小白川。そこで空き家を借りました。

で、でかい!

昨年秋ごろにその空き家の持ち主の方を紹介してもらい、やり取りがスタート。いろいろと話をしながら春から住めるよう準備をしていただき、無事引っ越すことができました。

大家さんや地域の方とのご縁には本当に感謝しております。

立派な一軒家、こんな収納を作りたい。この部屋のレイアウトはどうしようか。考えるだけでワクワクします。まだまだ荷物の整理すらままならない状況ですが楽しみは尽きません。

お金もあまりないので、その分工夫して住みこなしていきたいと思っています。
周辺のことも含め、ここでの生活はまたお伝えしていきます!



0 件のコメント:

コメントを投稿