2016年6月1日水曜日

釣り日記

こんにちは、柴原です。

先日の放流日記に続き、本日は釣りの様子をご紹介します。
(※海釣りの経験はありますが、川釣りは村に来るまで
やったことがありませんでした)

さて、始めた理由は放流のお手伝いをしている内に
自分でも挑戦してみたくなったというありがちなものでした。
協力隊の三年目にしてようやくチャレンジです。


とはいえ、知識も道具もありませんでした。
畑作業、山菜取りなどと違って、
教えてもらえそうで意外と教えてもらえないのが、釣りの仕方です(笑)

これは男性の趣味だからじゃないかと勝手な推測をしています。
なぜなら、女性は結構マメに畑や山菜や料理方法など、
色々教えてくれます。

しかし、村のお父さんや男性陣に釣りについて聞くと
魚がいるとこに投げたら大丈夫や!!の一言です(笑)



悩んでいても始まりませんからとりあえず、やってみました。

もちろん、新たな道具を買うお金は我が家にありませんので
空き家で拾った釣竿と仕掛けを使います。
エサはもっぱら畑のミミズです。
お金かかりませんね、素晴らしい!!
(※もちろん、組合の年会費は払ってますが)


仕事帰りにちょくちょく川に通う日々が続きました。
とは言っても、家の前が川ですし、車に乗って走ったとしても
五分圏内。すぐそこです。


というのが、大よその僕の釣り事情です。


話は変わって、実は今朝、朝釣りに挑戦してみました。
思い切って朝の4時に起床。そう夜明け前を狙います。

朝4時の白川村平瀬の景色。美しい!

月がぼんやり浮かんでました

さて、1時間半ほどで釣果はヤマメの成魚が2匹、幼魚が3匹(リリースしました)。
全然釣れてませんね、まだまだです。でも個人的には頑張った方ですが。


釣れてくれた2匹(笑)

もちろん、有難く朝ご飯に焼き魚で頂きました。
自分で釣ってきた魚を食べるのは本当に贅沢ですよね。

塩をふりかけて焼いただけ。素材の味がします。

すっかりハマってしまってる釣りですが、
なかなか釣れないからこそ、毎回仮説を立てて工夫して検証する所に
醍醐味があるような気がします。

インターネットが発達して何でもグーグル先生(グーグル検索)が答えを
教えてくれる今の時代にあって、すぐ答えがわからないことも
大事だなと考えさせられる川釣りでした。少しずつ上達するプロセスを楽しみたいと
思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿