2016年8月31日水曜日

8月31日インターン生日報

昨日から合掌造りに滞在しながら、協力隊に同行してお手伝いをしつつ、単位が取得できる10日間のプログラムを
筑波大学と連携して取り組んでいます。彼の日報をしばらくブログで紹介します。中国出身の留学生の青年の目からみる白川村の暮らしや協力隊の仕事をしばらくお楽しみ下さい。柴原


***********************************************

8
31日日報
白川村 地域おこし協力隊 
インターン生 何勤

白川郷の朝は、涼しい、静かな。天気は晴れです。
村内では、朝ご飯を提供している所はないらしい。前日用意したパンを二つを持って、縁側に座って食べた。陽光が雲の間に出てきて、山に映っている。
さっさと片付け、出ていく。

インターン内容概要・出来たこと
村民ゲートボール大会に役場チームとして出場。
白川郷中小学校2016サマーチャレンジ作品展示見学。

今回ゲートボール大会は30回目、四つチームが参加する。
長生会チーム
寿会チーム
 議員チーム
 役場チーム



ゲートボールを漢字で表現すると「門球」になる。日本人が発明、1983年中国に導入され、中国でも人気になった。(wikiより)子供の頃見たことがあるけれど、今回は初めて体験する。軽い気持ちで参加しようと思ったとたん、柴原さん、長坂さんが真面目な顔で練習を始めた、自分もやってみると、「やばい、これは難しい、練習しないと」心の中で叫んだ。「老人のスポーツ」というイメージが世の中広っている、それは理由があるかもしれない、まず、緊張しでも、興奮しても揺れない振る手、打つ姿勢に慣れなければならない、次は冷静な頭、狙ると狙られるの立場でいい方向を選ぶ、適当な力を入れること。

ルールと要領を教えていただいたお爺さん、おばあちゃんに感謝いたす、初めてゲートボールの楽しさを体験させていただいた。
白川村では、今年30回目になる、昔は毎年5、6チーム参加することができるけど、時間につられて、チームが少なくなってきた。それでも、今日リズムがよくプレーをできた。楽しかった。あなた!ゲートボールをやったことがある?と今度仲間を探してみようか。
昼間の間、隣にある中小学校の2016サマーチャレンジ作品展示を見てきた。生徒たちが自分に対していろんな体験、チャレンジ、自由研究の報告として作品を見た。なんでもありので、面白かった。








「優勝を目指しているけど」と言っている柴原さんのおかけて、ゲートボール大会第三位になった。又楽しかった。もらった賞品を持って、集落にあるスーパを通って歩いて帰った。村民たちが乗っている車がたまり身の横を通る、観光者たちがあちこち歩いている。微妙な雰囲気を感じた。
今度、もし中文できる観光者と出会ったら、話をかけてみる!どんな質問したほうがいいかな。

以上、ちょっと休憩として星空を見てくる。


0 件のコメント:

コメントを投稿