2016年9月1日木曜日

9月1日インターン生日報

91日日報
白川村 一般社団法人ホワイエ 
インターン生 何勤

 今日も、二つパンを持って、縁側に座って食べると。すごく晴れていると思う、雲がないので。今日の作業はあつくなるようねと思いながら、石の上に座って、柴原さんを待っていた。



インターン内容概要・出来たこと
空き家活用事業(平瀬)準備作業。
 網戸の修理、草刈り、掃除。
 明日の受け入れ先への挨拶。

 白川村では「結(ユイ)」という共同労働がある、「平瀬上村」の「上村」はその共同労働の基本単位である組の名前だった。日本語の角度から見る「地名」、「人名」の間は重なっているところあるので、最初はその制度に気が付かなかった。
 例えば

日本
中国
人名(名字の部分だけ)
岩崎
地名
岩崎
何家村,何家坪
結の名
岩崎
何家村生産
 
 昔は世外桃源(桃源郷)みたいなもんなので、雪よく降る山間部で生活するのは共同や互助が必要になっている。(結・合力 http://shirakawa-go.org/kankou/siru/yomu/1109/
草刈り道具を借りに行くとき、持ち主の娘さんの話を聞くと、「上村」の領域感を十分感じる。「長坂さんはあそこで住むことになったの?ようこそ、上村に」



 今日手伝う行くのは平瀬上村にある空き家の再整備事業。長坂さんの住む家として活用するため、改装する前の準備である。
 日本では、住宅建物をいじるための難しさは「劇的リノベーション改造王」に所属デザインナーたちが詳しいかもしれないが、白川村での空き家を活用するための難しいさ、複雑性について、柴原さんが所属地域協力隊はよくわかると確信した。
 網戸の修理できたあと、親しいお爺ちゃんがやってきて、部件状態を確認しながら話した。長坂さんの不安や緊張感を落とすため来たかなとおもう。休憩に入って、外に出るところ、電力担当のお兄ちゃんが電力の導入工事について話しに来た。車で道の駅に行って、休憩する時も来た。草刈り道具を借りる時も来た、しかも全部車で移動しているみたい。その情報の正確性、移動の早さに感心した。草刈りした後、福田さんも様子を見に来たけど、名前の情報以上何も知っていなかった。あ~、これは当たり前だね。今日、様な人と出会うことができたみたいかな~、充実な一日だった。



 結(ゆい)の言葉に注目してみましょう。
 むすび、つながり、きずな等言葉で表現する、中文では「結」一人の場合はケツの意味だけ示す。「じゃ、白川郷で生きることは決して一人だけできないので。後ろもう一つ漢字をつけましょう」という中国人がいるはず。
 结识(結識)全然知らない人と初めて出会って、名前ぐらいしている。
结交(結交);友たち、仕事仲間、兄弟をできるぐらい接する。
结缘(結縁);日本語から見る仏教の話けど、よく恋の繋ぎを表現する。
※言葉の意味は個人感想、公式ではない。

そして、明日のインターンも楽しんでいる。

白川郷、明日もよろしくお願いします。。

0 件のコメント:

コメントを投稿