2016年9月9日金曜日

9月7日インターン生日報

97
地域おこし協力隊
何 勤

 ヨモギさんの一日。
 
鳥のスープ料理を中国語を話せる店に持って行く、話して、朝ご飯をごちそうしてもらった。「老板娘」(ろォばぁんりゃん、女のボス)は三人の中国人娘がいるので、地図を見ながら結構話した。いい観光地とか、農村とかなど。

複数なトンネルを通って、ヨモギさんの家前についた。
山に囲まれている国道の横に、赤い屋根の二階小屋が坂に立っている。自分が一階で住んで、二階では移住者体験に提供する部屋二つ、厨房、トイレ、食事や交流をする場所、ダンスの部屋などがある。
あちこちの手造り、小屋も含めて、大体ヨモギさんと友達一緒に作ったもの。横に小さいな田圃があって、野菜、山菜を好きに育てている。シンプル、温かい。
 手伝ってほしいのは一つ部屋の外に、友たちが作った縁側があって。それを白い==(名前は覚えていない)で塗る。そして、草とか書いてた。
 ご飯は沖縄風の食べ物かな、大根の漬物は懐かしい味で、全部食べた。
 
 看板を作った、ヨモギさんが器用で何でもできる。しかも早い、仕事ができるタイプ。すごい、すごい、すごい。(大事なことは三回言う、中国ではそうなっているらしい)

 そして、直子さんの所に行って。米の処置の手伝いをした。一緒にご飯を食べて、夜一時まで話した。

 自分のことを捨てずに、みなのことは全部自分のこととして考えてあげる。諦めがなく、他人に認められるから、白川村で生活がわかる。
 一日の隊員体験をさせてもらって、ありがとうございます。もし、柴原さん、長坂さん、石井さん、前盛さんの「繋ぎ」がなく、協力隊でインターン生として働いていなかったら、ただの一人大学生、一人観光者と同じだと思う。中島さん、山本さん、登さん、直子さん村民たちとの交流はそんなにできるわけがないだろう。


0 件のコメント:

コメントを投稿