2016年10月1日土曜日

協力隊を辞めます!地域おこしは止めません!

ブログ投稿2回目にして退任のお知らせになってしまいました、梅本です。
この度私事ではありますが、結婚いたしました。そして出産を控え、9月を持ちまして退任しました!・・・ということはこの記事が投稿されるときには協力隊ではなくなっているわけです。
結果から言うと、私は辞めても白川村にいます。合掌集落の中心部に嫁ぐことで、むしろ今までより忙しくなる予感もしています。
定住者を増やすという観点から見れば、これまで任期満了までも勤めず協力隊が辞めて他の場所へ移ってしまう・・・!という中で、地元民と結婚、そして定住一人目と成功例のようかもしれません。

でも私自身はそうとも言い切れないかなと思っています。
というのも協力隊は定住ありきでもない気がするからです。
他の土地ではどうか分かりませんが、この村では若い独身女性があまり割合として多くいません。その中で女性の協力隊は常に嫁候補として見られ、嫁に行け、来いなどの発言も悪気なくされる環境があります。
就職でも、結婚でも、なんでもご縁ありきの話ではあります。もちろん素敵なご縁があれば、どこで誰とどうやって生きようが選ぶのは自由でしょう。
協力隊は皆、他の地からそれぞれご縁あって、この見知らぬ環境に飛び込んでいます。
好んでこの地にいること、これは既にここに住む人達も、すでにしていることだと思います。
ここがいいんだよ!!!と無理矢理人に押し付けることはせず、自分がいいと思ったからそれをして、いいと思ったから勧めてみて、そうやって本当のファンが増えればいいなと願うことを細々と続けたら地域おこしになるのかな~と思いこれからも自分の活動としてみようと思います。
どうせ同じ場所に住むのなら、自分が楽しい環境になるよう工夫するほうが良いよね。

鍋がやたら似合う気がする。

楽しいだけじゃ…!課題が何も解決してない…!まぁ色々あると思いますが、行政に任せるとは言っていません。人がなんとかしてくれるだろうとも言っていません。自分にとってのいい環境が作り出せれば、多分どこでも自分の周りだけでも「おこせる」のでは。

きっと旅立っていった2人の隊員も、それぞれの地でおこし始めてるのは間違いないでしょう!何をその後選ぼうが、結果として日本がおこせれば素敵ですよね?

一年半ありがとうございました。これからも白川村をどうぞご贔屓に。

0 件のコメント:

コメントを投稿